【ゲーム総合】PS5速報

2000年ゲームメーカー「ゲーセンに筐体売ってるだけやと全然儲からんなぁ、せやっ!!」

この記事は約2分で読めます。
FavoriteLoadingお気に入りに追加


ゲーセン

1 : 名無しのPS速報さん: 2021/12/08(水) 22:19:01.27 :ID:OSVN3Hnw0
2000年頃から、ゲームメーカーが「従量課金制」を導入し始めた。それまで、ゲーセンは初期投資として、ゲーム筐体並びにゲームの基板を購入。その投資さえ終えてしまえば、ゲームに支払われるコインはすべてゲーセンの利益になった。

だが、「従量課金」では、オンライアップデート、新キャラ、新アイテム登場、オンライン対戦の費用、サーバー維持費といった名目で、ゲームが行われた回数分、その対価をメーカー側に支払わなければならない。

4から6割弱をメーカー側に支払うことで、利益が激減。家賃、店舗管理費、人件費などが重くのしかかり、耐えられないゲーセンは閉店に追い込まれていった。

2 : 名無しのPS速報さん: 2021/12/08(水) 22:20:08.59 :ID:OSVN3Hnw0
家庭用ゲームがゲームセンターに行く必要性を奪い、メーカーがゲームセンターの体力を奪い、そしてスマホゲームが完全に終わらせた

全盛期は国内3万店以上あったゲームセンターは、僅か20年の間に2000店舗にまで減少

コロナの影響を受け更に閉店が相次ぐ

注目記事
SEGA「ゲーセン撤退します名越退社CSは龍が如くしかありません」←どうすればいいんだ

「今のゲームってこれやんww」←1.8万いいね

続きを読む

掲載媒体:PS5速報
※本ページの抜粋内容に関する著作権は掲載媒体様及びそれに準ずる権利者様に帰属します。
2000年ゲームメーカー「ゲーセンに筐体売ってるだけやと全然儲からんなぁ、せやっ!!」

レイワゲームズ.comをフォローする
レイワゲームズ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました